• まつおか動物病院

口熊野マラソン2020

お久しぶりです。獣医師の吉田です。


2月2日に口熊野マラソンを走ってきましたー。

東京マラソン、大阪マラソン、神戸マラソンなど大都市を走るマラソン大会とは

ちがって、田舎道をトコトコ走るコースです。

前職のアドベンチャーワールド時代に、先輩に誘われて走り始めたんですが、

いつの間にやら、はや十数年。もうベテランです。

フルマラソンだというのに、年明けから練習を始めるという余裕っぷりです。


僕ぐらいになるとマラソンで大事なことがわかっています。

・自分のペースで走ること

これに尽きます。

ペースを守るのは本当に大事です。

自分の身の程を知らずに、早いペースで走らない!

しんどくないように、体と相談しながらトコトコ走るのがコツです。

これができるようになると、この写真のように20km走っても、こんな余裕です。


このまま、走ればサブ4も見えていたのに・・・・・。

4時間を切ることをサブ4と言い、ちょっとしたステータスとなります。

上位20%ぐらいしか達成できない、真剣に取り組まないと、クリアできません。

僕はまだ、達成したことがないんです。


今回は、今回こそは・・・・・ダメでしたー。


マラソンをしていると、エンドルフィンという脳内麻薬が出てきて、

多幸感が増すと言われています。

そのエンドルフィンちゃんが、この写真のあと、

「あれ、今日調子ええやん!」「サブ4いけるんちゃう!?」

「自分、もっと行けるんちゃう!?」

というささやいてきました。すっごい甘い声で。


その誘いに乗り、ペースを上げたせいで、36km地点で足がつり、サブ4は彼方へ去って行きました。

ちなみに、痛みが強くなると、エンドルフィンちゃんもあっという間に

どっかに行っちゃいました・・・・。


だから、自分のペースで走れって言ったのに!

失意のゴールシーンです。


本日の格言

結果は、すべて自分のせい。

練習不足をエンドルフィンのせいにするでない。







0回の閲覧

© 2017 まつおか動物病院

072-472-6532

〒599-0204

大阪府阪南市鳥取423-3