• 松岡

青春世代の嘘の告白


こんにちは。橋本です。

2月半ばとなり、甘いイベントバレンタインも終わりました。

皆さんチョコレートはいっぱい食べられましたか?



さて、私には一回り以上歳の離れた従妹がいます。

このジェネレーションギャップを乗り越え、可愛い従妹と会話するために、

最近インスタグラムを使いこなせるようになりました。


私「Nちゃん、インスタとかしてるのー?☆」

従妹「インスタはもうやってないー。今はTikTokしてるよー」

私「・・・?」


SNSはインスタグラムが最先端!と思っていた私。

その使い方を覚え、ドヤ顔になっていた私。


時の移り変わりは実に早いものです。




そんな従妹から、最近中学校で

“嘘告(うそこく)”というものが流行っていることを教えてもらいました。


嘘告とはなんぞや。


皆さんご存知でしょうか?

その名の通り、“嘘の告白”(愛の告白)ということなのですが・・・。



従妹「ターゲットの子を決めてね、誰かが(冗談で)告白してみるの。

私も1回されたことあるんだけど、すぐ嘘告って気づいたから大丈夫だった!」



・・・ふむ。

つまり嘘告とは、


告白されて舞い上がった子を陰であざ笑う、

実に暇を持て余したいじめっ子たちの遊び


といった感じなのでしょうか。



私「うーん、なんか酷いなぁ。」


従妹「でもね、嘘告で、そのまま付き合ってる子たちもいるんだー」


私「なにそれどういうこと。

  好きなの?結局その子らは両想いなの?」


従妹「たぶん。」



うむむむ・・・。謎が深まります。


私が立てた第2の仮説ですが、


嘘告とは、

勇気を出して告白をしたのにフラれた時、

ズタズタになった自分のプライドを守るための予防線


なのではないか。

つまり、こういうことです↓



男A『好きだ、付き合ってくれ』

女B『・・・ごめん。私、好きな人いるんだ・・・』


男A(ば、、ばかなこの俺がフラれるだと?!明日から俺はクラスの笑い者じゃねえかよ)


男A『は?いやいや、これ嘘告だしwなに本気にしちゃってんの?自意識過剰じゃね?』

女B『あ。なぁんだ!びっくりしたぁ~』

男A『ははははは(ふぅ。上手くごまかせたぜ。)』



この場合は、嘘告に見せかけて、本音だったことになるので、

OKがもらえればラッキーなわけです。



嘘告の存在意義・・・

①友達をからかうため(真の“嘘の告白”)

②フラれた時にプライドを守るため(告白自体は本心)



何が流行りの本質かはよくわかりませんでしたが


いつの時代も人を動かす恋心。


思春期には、より感情が繊細になり……

世代・時代によって、告白の形も愛の形も、様々なのかもしれませんね。



って、適当なまとめ方でごめんなさい。笑


なんだかんだ、青春って素敵―――。


偉そうにふけりながら

バレンタインにチョコレートビールを飲んでいたオバサン橋本でした!





266回の閲覧

© 2017 まつおか動物病院

072-472-6532

〒599-0204

大阪府阪南市鳥取423-3