ジェネレーションギャップ

こんにちは、馬緤です。

新入社員が入り、着々と引き下げられる平均年齢。

そうなると上と下の年齢差も開いてくるわけでして。

必然として、ジェネレーションギャップが生まれてきます。

ここしばらくで何度か感じた事例を挙げていきます。


ケミカルウォッシュ?

僕自身、80年代に青春を過ごしたわけではないため、直接的には知りません。

ただし、ジーパンはとにかく洗濯すればいい、ダメージを与えたらいいものだと思っていました。


ミニモニ?

けっこう前ですかね?色んなグループが誕生し、オーディションやってましたね。

セクシーなビームが飛び交っていました。


タイタニック?

最近テレビでやってましたね。あのころ、みんな映画館に見に行っていました。

個人的には、船長が再び現れたシーンが好きでした。


N503?

あのころの機種を持ってた人しか分からないですかね。送れない、受け取れないメール。

単音で作る着信音。赤外線という新たなる武器。

むしろあの頃の方が携帯電話に頓着があった気がします。

J-フォンだけについてるカメラ機能が羨ましくて仕方なかったです。画像はブレブレでしたが。


トラブリュー?

カラオケで一節ずつ歌いながらマイクを回していましたね。

何でもないようなことが幸せだったと思います。


最近の子供は外で「逃走中」やるみたいです。

テレビ番組の影響ですね。サングラスして走り回ってるらしいです。


縦長のCD?

シングルは縦長でしたね。マキシシングルとか、四角くなっていきました。

初めて買ったCDは、中島みゆきの「旅人のうた」でした。

同情するなら金をくれと叫んでいたあの子もすっかり大人に。。


結婚式ソングといえば?

てんとう虫のサンバ?乾杯?安室ちゃんも流行りましたね。ここ数年出席させていただいた式では、糸、家族になろうよ、愛を込めて花束を、などをよく聞いた気がします。


上は上で、下は下で苦労するジェネレーションギャップですが、逃れられるものでもないので、うまく付き合っていくしかないですね。

ブログの文章書いてて懐かしさに浸ってしまいましたが、自分もおそらく年齢的には上に分類されるであろうという現実に、久々に向き合いました。頑張っていきましょう。




お知らせ
アーカイブ
タグ