厄年

みなさま、こんにちは。 先日、生まれて初めて救急車に乗った獣医の吉田祐樹です。。

11月5日、9時すぎ、朝の診察がはじまって早々から、なんとなく背中の左側が痛くなり、

どんどん強くなって、10時半過ぎには限界となりました。

早引けして、近くの病院に行っていいですかと院長に聞いたのですが、

さすがに顔色がわるかったらしく、院長が手早く救急車を呼んでくれました。

搬送してくださった救急隊員の方や、阪南市民病院の先生や看護師さんが本当に

やさしく処置をしてくれて、痛いながらも心強かったです。

原因は尿管結石でした。

尿管の中をずりずり動いていくときが痛いらしく、メチャメチャ痛かったです。

立っているのもつらかったのですが、なぜか笑いがでるほどでした。

救急隊員さんのお話では、交通事故など外傷以外の

いわゆる内科疾患のなかでは、トップ3に入るぐらい痛がる人が多いようです。

また、救急の先生のお話では、出産に匹敵する痛みとのことでした。

本当にメチャメチャ痛かったです。

治療は自然に尿管を通過するの待つということで、

その夜中、最大級の痛みに耐えたところで、無事通過してくれました。

尿管さえ抜けたら、うそみたいに痛くなくなるから!って病院の先生が

おっしゃってくれたのですが、本当に全く普通になりました。

つぎは、膀胱から出る時が痛いようです。

ちなみに、救急車の中では、救急隊員の方が獣医さんなんですねー!

いろんな動物をみるんですか?

大学は6年行くんですよね?

すごいですね?

といろいろな話を振ってくれました。

痛がっている僕の気を紛らせる、すごい気遣いでした。

今年から前厄やなーと同級生と話をしていたものの、厄払いにもいかず、

のほほんとしていたらこんなことになりました。

動物病院のみなさん、患者さまがたには本当にご迷惑、御心配をおかけしました。

はやめに厄払いに行きたいと思います。

吉田 祐樹

お知らせ
アーカイブ
タグ